インプラントの技術がスゴイ

インプラント手術の中には、治療の難しい個所もいくつかあります。

インプラントの技術がスゴイ

箇所と注意点

インプラントの手術を希望している患者によって、どこに手術をするか違ってきます。
箇所によっては、インプラントをする時に注意をした方が良いポイントもあります。
以下の箇所の手術を希望している場合には、クリニック選びを慎重にすることが求められます。
まず奥歯の治療をする時には、注意しましょう。
奥歯の場合、どうしても見にくいですし、手などを入れにくい傾向があります。
このため、正確な手術をすることが難しくなってしまう傾向があります。
上あごの場合、空洞になっているサイナスが近くにあります。
もし歯が抜けて長期間経過している場合、あごの骨が痩せてしまっている可能性があります。
そうなると、あごの骨が十分でなく、状況を正確に把握できずにインプラントをしてしまうと、脱落をしてしまう可能性があります。
中には、サイナスの内部に脱落をしてしまうケースもあり得ます。
そうなると、なかなかその脱落したインプラントを除去するのが難しくなってしまいます。
下あごの奥歯のインプラントについても注意すべきポイントはあります。
奥歯の下には、下歯槽神経という神経が走っています。
こちらも、歯が抜けてからかなりの期間が経過していると、骨が痩せてしまっている可能性が出てきます。
そうなると、インプラントをするためのドリルで骨に穴をあける時に骨を貫通してしまうことがあります。
その結果、下歯槽神経を傷つけてしまって、まひなどの後遺症が出る可能性があります。
また血管もしたを中心として無数に走っている個所でもあります。
きちんと下あごの状況が把握できていないと、血管を傷つけることになってしまいかねません。
またインプラントを希望している人の中には、前歯を治療しようと思っている人もいるでしょう。
前歯であれば見やすいですし、一見すると手術のリスクは少ないと思ってしまいがちです。
しかし前歯の骨というのはもともと薄く作られている個所でもあります。
しかも歯が抜けて長年放置していると、骨が痩せてさらに量が少なくなってしまいます。
中には、そのままインプラントをしてしまうと、骨からインプラントが飛び出してしまう可能性もあります。
もちろん中には、インプラントに耐えることができるだけの骨の量を確保しているケースもあります。
このような個所の手術を希望している場合には、注意しましょう。
クリニックを選ぶ場合には、詳細な検査をしているかどうかの確認をすることが特に重要だと思ってください。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.