インプラントの技術がスゴイ

平面だけではなく、立体的にレントゲン撮影をすることができるようになってきています。

インプラントの技術がスゴイ

立体のレントゲンとは

レントゲン撮影をすることで、インプラントをする前に口の中の状態について確認します。
しかしレントゲンの撮影ですが、やはり平面的な画像になってしまうので、口の中の情報を把握するには限界があると言われています。
具体的には、口の中の神経や血管がどこにあって、どのように走っているのかを把握することは難しいです。
またあごの骨に人工歯根を埋め込むので、あごの骨がどの程度の厚みになっているかを把握することは重要です。
ところが、平面的なレントゲンでは、このあごの骨の厚みを確認することは難しいです。
そこで、インプラント治療を行っているクリニックの多くで、コーンビームCTと呼ばれる、立体的なレントゲン撮影の技術を導入しています。
コーンビームCTは、体の周辺から方向と角度を変えて、いろいろとX線撮影をしていきます。
そうすることで、それぞれの情報をコンピューター処理していきます。
そうすると、口の中の状態を断面図もしくは立体的に撮影することができるようになります。
つまり平面のレントゲンと比較して、より詳しい口腔内の状況について把握することができるようになります。
また最近のコーンビームCTを見てみると、手術のシミュレーションを行うことができるようになっているものも少なくありません。
このため、より詳細な治療計画を立てることができます。
インプラントは外科手術であり、医療事故が起きるリスクは多少なりともあります。
特に危険なのは、誤って手術中に血管もしくは神経を傷つけることです。
しかしこのようなアクシデントが起きるのをコーンビームCTは最小限に抑えることができるようになります。
またコーンビームCTをすることによって、患者の口腔内の状況をより詳細に把握できます。
このため、手術にかかる時間を短縮することができます。
手術の時に、口腔内をうかがうという行為を省くことができるからです。
手術は、短時間で終えることができればできるほど、より患者の体にかかる負担を少なくすることができます。
インプラントは外科手術なので、手術をした後に痛みや腫れが生じる可能性があります。
しかし短時間で手術を完了させることで、この腫れや痛みも最小限に抑えることができるというメリットがあります。
インプラントをするクリニックを探す時に、コーンビームCTを検査の中で導入しているかどうかについて確認をしましょう。
ただしコーンビームCTを導入している所は多少、インプラントの料金がかかることも認識すべきです。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.