インプラントの技術がスゴイ

どうもあごの骨が不十分という時には、CTを使って正確な骨の厚みを知る必要があります。

インプラントの技術がスゴイ

CT撮影は必要か?

何もインプラント手術をする時にCT撮影は必要ないのではないかと思っている人もいるかもしれません。
しかしレントゲンの場合、どうしても平面図になってしまうので、正確な位置情報を把握することができないです。
CTのような立体的に画像を表示できる方が、より口の中の様子を確認することができると言われています。
特に、あるタイプの口腔内を抱えている人は、CTによる撮影をする必要があります。
例えば、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むのですが、あごの骨から上顎洞と呼ばれる大きな空洞までの距離が近い人がいます。
このような人は、CTによる撮影が必要と思ってください。
上顎洞とは、鼻腔につながっている空洞のことで、粘膜によっておおわれています。
上あごにインプラントするときに、手術の時に粘膜を傷つけないようにする必要があります。
そのためには、上あごの骨の厚みがある程度必要になります。
ところがレントゲンなどを使っての簡易検査で、どうも上あごの骨の量が十分でないと判断されてしまうケースもあります。
この場合には、CT撮影をすることによって、より詳しい上あごの厚みについて把握する必要があります。
そしてインプラントを埋め込むことができるだけの厚みを確保しているかどうかの確認をする必要があります。
CT撮影の方が、あごの骨から上顎洞までの距離について、より正確に検査することができます。
もし十分な厚みがなかったとしても、インプラント手術をすることは十分に可能です。
最近では、サイナスリフトやソケットリフトという方法があります。
これらの治療法はいずれも、骨の厚みを増やすことができる治療法のことを指します。
こうすることで、上顎洞までの距離をある程度保たせ、インプラント治療を行うことができるわけです。
逆に下あごにインプラントする場合には、下歯槽神経が走っていますので、これを手術中に傷つけることのないように注意する必要があります。
しかし下あごの骨の厚みが十分でない場合、人工歯根を埋め込むときに神経を傷つける可能性があります。
そこで、下あごの骨の厚みと下歯槽神経がどこを走っているのか把握するために、CT撮影をする必要があります。
もしも十分な厚みがないと判断された場合には、インプラントの入れ方に注意をします。
少し斜めになるようにインプラントを入れるとか、短めの人工歯根を入れることで、神経を傷つけないようにする対処が必要になります。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.