インプラントの技術がスゴイ

もしあごの骨の量が不十分であってもインプラント手術を受けることは可能です。

インプラントの技術がスゴイ

サイナスリフトとソケットリフト

あごの骨にインプラントを直接埋め込む手術なので、手術するにはある程度の骨の厚みを確保する必要があります。
ところが人によって、インプラントをするのに十分な厚みを確保することができないケースも出てきます。
もし検査をして、インプラントできる骨の量がないと判断された場合にはどうするのでしょうか?
その場合には、骨の量を増すことでインプラントできるだけの骨の厚みを確保するという治療法を実施することになります。
その治療法にはいくつかあります。
サイナスリフトとは、上あごの所にインプラントをしようとして、十分な骨の厚みがなかった場合に実施されます。
サイナスと呼ばれる鼻腔につながる空洞までの距離が短い時に実施されます。
サイナスリフトは、歯茎の側面の所に穴をあけていきます。
そしてサイナスは粘膜に覆われているのですが、この粘膜をはがして、持ち上げていきます。
そうすることで、上あごの骨との間に隙間を作り出すことができます。
ここに自分の骨を移植もしくは人工の骨を埋め込んでいきます。
しばらくすると骨が癒着をするので、骨の厚みを増すことができます。
ほかにも骨の量を増やすための施術として、ソケットリフトという手法を使うこともあります。
インプラントを埋め込むか所の所から直接骨になる物質がありますので、そちらを注入していきます。
そうすることで、骨の厚みを増していく治療法のことを指します。
ソケットリフトも上あごの骨の量が不十分なときに使用することができます。
しかし上あごの骨の量が不十分な人の中には、サイナスと上あごの距離が非常に短くなっている人もいます。
この場合には、ソケットリフトを行うことができない可能性もあります。
その場合には、上あごの骨量を増やすために、サイナスリフトの方を採用することになります。
こうすることで、従来インプラントの手術を行うことができなかった人でも、手術を受けることが可能になります。
しかしサイナスリフトやソケットリフトをする工程が入ってしまうので、通常と比較してインプラントにかかる費用は割高になってしまう恐れがあるということを認識しないといけません。
また骨を入れてすぐにインプラント手術を実施することはできません。
骨が固まって、周辺のあごの骨に定着をするまでには多少の時間がかかってしまいます。
このため、インプラント手術にかかる時間も多少長くなってしまうことは、あらかじめ理解をする必要があります。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.