インプラントの技術がスゴイ

CTスキャンの撮影ですが、検査の時にどのようにして実施されるのでしょうか?

インプラントの技術がスゴイ

CTスキャンの撮影方法

通常は、口腔内の状況を把握するために、CTスキャンの検査を実施します。
CTスキャンの撮影ですが、通常のレントゲン撮影と同じで、ただじっとしていれば自動的に撮影をしてくれます。
CTスキャンの原理はレントゲンと一緒でX線を使って撮影をしていきます。
レントゲンと比較すると、いろいろな方向や角度から撮影をすることになります。
こうしてみていくと、中には放射線量が気になるという人もいるかもしれません。
確かにCTスキャンの撮影をする時にはX線の照射をする必要があります。
しかし被曝する放射線量ですが、通常のレントゲン撮影の時とほぼ一緒です。
人体に悪影響を及ぼすような大量の被爆をすることはまずありませんので、心配をする必要はありません。
CTスキャンをしていろいろと撮影をしていきます。
そのデータをCADと言いますが、3D化して立体化します。
そして、インプラント治療をするためのシミュレーションをすることになります。
シミュレーションをすることで、インプラントを入れる位置についてきちんと情報を把握することができます。
そこで、外科手術をする場合でも切開や剥離を一切することなく治療をすることが可能になります。
人体にかかる負担も最小限に抑えることができるわけです。
インプラントを実施しているクリニックは、日本全国にあります。
その中には、CTスキャンを導入しているクリニックもあれば、導入していないクリニックもあります。
もしCTスキャンを設置している所であれば、簡単に撮影をすることができ、スムーズに手術を受けることができます。
ところがもしCTスキャンのない所でインプラント治療をする場合、CTスキャンの検査を受けるための予約を入れて、別の所で撮影をする必要があります。
そしてそのCTスキャンのデータを治療する所に持ってきてもらう必要があります。
このため、まず手術をするまでに時間がかかってしまいます。
また別のクリニックでCTスキャンの撮影をすることになるので、撮影にかかる代金も別途で請求されることになります。
このため、費用も余計にかさんでしまう可能性があるので、CTスキャンの設置されているクリニックで治療を受けるようにしましょう。
インプラント治療を受ける患者の中には、あご骨の吸収が進んでしまっていて、あごの骨がいわゆる痩せた状態になってしまっているケースも少なくありません。
そのような状況を把握するためには、CTスキャンが必要になります。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.