インプラントの技術がスゴイ

ガイデッド・サージェリーを使うことで、よりスムーズにインプラント手術を受けることができます。

インプラントの技術がスゴイ

ガイデッド・サージェリーとは

インプラントの治療ですが、発展途上の所があります。
逆に言えば、一昔前と比較すると、より進化した治療法も開発されています。
その中でも、より正確に治療をする方法として、ガイデッド・サージェリーと言う治療法が注目を集めています。
ガイデッド・サージェリーはまずCTスキャンを使って、患者の口腔内の情報を収集していきます。
そのうえで、ノーベルガイドと言いますが、インプラントを埋め込むためのプランニングソフトを使います。
その結果、患者ごとにどのようにインプラントをするかのより正確なシミュレーションをすることができます。
インプラント治療の中には、フラップレス手術という、切開をすることなく治療をする方法があります。
このフラップレス手術の安全性を向上するのに、ガイデッド・サージェリーは寄与していると言われています。
ガイデッド・サージェリーをすることで、従来の外科的手術をだいぶ進化させることに成功していると言われています。
それまでは、結構広範囲にわたって切開をする必要がありました。
そうしないと、周辺組織の状況について、正確に把握することができなかったからです。
ところがそのようなケースについても、フラップレス手術を導入することができるようになります。
ガイデッド・サージェリーの手術の流れについてですが、まずは患者の口腔内をCT撮影していきます。
そのうえで、ノーベルガイドの方にCTスキャンの情報をインプットしていきます。
そうすると、インターネットを使って、手術用のテンプレートを受け取ります。
このテンプレートを器具に装着すると、手術を行ってくれます。
ガイデッド・サージェリーをすることで、従来の方法よりもスムーズに手術を進めることができるようになります。
通常と比較して、半分以下の時間で手術を終了することができるようになると言われています。
ガイデッド・サージェリーを導入することによって、より多くのケースで切開することなく、インプラントによる治療を実施することができるようになります。
しかも現在では、かみ合わせの条件がよほど特殊であるとか、インプラントを埋め込む骨の量が極端に少ないと言ったケース以外であれば、フラップレス方式の手術をすることができるようになっています。
ガイデッド・サージェリーが導入されたことで、今まで以上に患者の体力を奪うことなく、インプラント手術を実施することができるようになってきています。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.