インプラントの技術がスゴイ

クリニックの中にはマイクロスコープという拡大鏡を使用している所も多いです。

インプラントの技術がスゴイ

マイクロスコープについて

インプラント手術を実施しているクリニックの中には、マイクロスコープと言う器具を使って治療している所も多いです。
マイクロスコープとは顕微鏡の一種で、眼科で使用されたのがルーツと言われています。
そこからいろいろな診療科でも使用されるようになったと言われています。
歯科の世界でも、1980年ごろから歯の神経を除去するための治療で導入されたのをきっかけに、インプラントなどいろいろな分野で導入されるようになってきています。
マイクロスコープは、最大で30倍まで対象の箇所を拡大することができると言われています。
通常インプラントを含めた歯科治療では、レントゲンおよび肉眼で歯の状態を確認します。
そして後は、経験や手先の感覚を使って、治療をするというのが一般的でした。
ところが、これで廃車の経験や実績によって、治療の結果が大きく影響を受ける可能性があります。
しかしマイクロスコープを導入して治療をすることによって、肉眼などでは確認することができない個所についても、より詳しい情報を得ることができるようになります。
つまり、良い性格に患者の口の中の状況を把握でき、正確な治療を実施することができるようになります。
見逃しなどによって生じるインプラントの再治療などが起きるリスクも少なくすることができます。
最近のマイクロスコープを見てみると、静止画や動画で表現することができるようになってきています。
これを患者自身が見ることで、より治療方針や自分の口腔内の状況について把握することができるようになります。
その結果、自分の治療方針に同意しやすくなるわけです。
マイクロスコープですが、インプラントクリニックのすべてで導入している手法ではありません。
というのも、まずマイクロスコープを使用しながらのインプラント手術は治療にかかる時間が長くなってしまう傾向があります。
このため、患者に対する負担も大きくなりますし、クリニックとしても効率的により多くの患者の治療をすることができなくなってしまいます。
またマイクロスコープは、自由診療が基本です。
マイクロスコープは結構な高額であることが多く、治療にかかる費用も高くなってしまう傾向があります。
そこでマイクロスコープの代わりに、ルーペを使用しているクリニックが多いです。
眼鏡のように着用できる4倍まで拡大できる器具のことを指します。
ルーペはマイクロスコープと比較すると拡大は少ないですが、手軽に使用することができるので、ルーペはクリニックで割合普及しているということができます。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.