インプラントの技術がスゴイ

インプラント手術の世界で、マイクロスコープはどのように使用されているのでしょうか?

インプラントの技術がスゴイ

マイクロスコープの活用法

マイクロスコープという拡大鏡があるのですが、インプラント手術の世界ではどのようなシチュエーションで使われているのでしょうか?
まずインプラント手術の時に、マイクロスコープが使われることがあります。
このようなマイクロスコープを使った手術法のことをマイクロサージェリーと呼ぶこともあります。
マイクロスコープおよびコンパクトサイズのメスや細い縫合針などを使って、治療することになります。
患者の中には、歯茎やあごの骨が痩せてしまうケースも少なくありません。
このような場合には、治療をする時にマイクロスコープを使用することがあります。
マイクロスコープを使用することで、傷を小さくすることができます。
このため、傷痕が目立ちにくいですし、治癒にかかる時間も短縮することができるというメリットが期待できます。
また上あごの骨の厚みが十分でなく、インプラントを入れることができない場合には、サイナスリフトという治療法を導入することがあります。
このサイナスリフトをする時に、マイクロスコープを用いることもあります。
マイクロスコープを入れることによって、サイナスの底がどのような状態になっているか、より正確に情報を把握することができるようになります。
このため、サイナスリフトをする時に発生するダメージを最小限にすることができ、治癒までにかかる時間も少なくできます。
インプラントの手術では、まずあごの骨に人工歯根を埋め込んでいきます。
そのうえで上から人工の歯をかぶせることで治療が完了します。
この人工の歯を制作するときに、マイクロスコープを使用することがあります。
人工の歯を制作するときですが、周囲の歯の形状と合わせたり、人工歯根と適合をさせたりする必要があります。
もしこのような事情を考慮することなく歯を制作してしまい、インプラントとくっつけてしまうと、物をかむときなどに、人工の歯にかかる負担が大きくなってしまうことがあります。
そうなると、例えばインプラントが破損をしてしまう可能性があります。
さらには、インプラント自体があごの骨から脱落してしまう可能性も出てきます。
そうなってしまうと、またイチからインプラントの手術を実施して、付け直しをする必要が出てきてしまいます。
またインプラント手術後も、定期的にメンテナンスをする必要があります。
この時に、史跡の除去をするのですが、人工の葉やインプラントを傷つけないようにするために、マイクロスコープを用いることがあります。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.