インプラントの技術がスゴイ

より正確に手術を実施することができるので、IGIシステムは注目されています。

インプラントの技術がスゴイ

IGIシステムとは

外科手術の一種であるインプラントは、きちんとした実績を持っている医者が担当をすれば、失敗をする危険性は決して高くない手術法と言われています。
しかしではリスクが全くないかというと、そうも言いきれません。
特にインプラントの手術は、口腔内を対象にして手術をすることになります。
口腔内はスペースが狭く、視野も限定されているので、手術をするにはリスキーな個所があることも事実です。
そこで確実に手術を期すために、CTスキャンを導入しているクリニックも少なくありません。
CTスキャンを使うことで、骨の形状や厚み、どこに神経や血管が走っているかについて、正確に把握することができます。
しかしインプラントの最新技術はCTスキャンを使ってただ検査をするだけでなく、コンピューターを使って手術の計画を作成する技術もあります。
そのようなシステムのことをIGIシステムと呼び、業界内でも注目されています。
IGIシステムは、ナビゲーションシステムの一種のことで、リアルタイムで、インプラントを理想的な場所に埋め込むための情報を提供してくれるシステムのことを指します。
まずCTスキャンをすることで、患者の口腔内の様子について、立体画像化することができます。
そこで、口腔内のいろいろな患者特有の情報を把握することができます。
ここで、治療計画を立てて、まず患者に治療方針を説明します。
立体化された画像を使って説明をするので、患者も納得の上で治療をお願いすることができるはずです。
IGIシステムでは、手術をしている時、モニターで口腔内の立体画像が出てきます。
医者はこのモニターを確認しながら手術をしますので、正確に治療をすることができます。
しかももし医者が誤って箇所にインプラントを入れようとした場合には、アラーム機能が発動して、音声によって注意を促すことができるようになっています。
またIGIシステムには、赤外線カメラの装着しています。
この赤外線カメラの画像で、口の中におけるインプラントや治療用の器具の位置や角度、深さと言ったことについても画面でリアルタイムで状況を把握することができます。
ここまでいろいろな角度から治療の確認をして手術を行うので、手術失敗するリスクを最小限に抑えることができる効果も期待できるわけです。
IGIシステムを使用することで、ピンポイントの治療が可能になり、歯科用のパンチを使って小さな穴をあけるだけで、インプラントを埋め込むことができます。

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.